那珂川環境保護のすすめ

栃木茨城両県を流れ海まで通ずる『那珂川』はアユの漁獲高日本一で知られる清流です。また、本流には大きな堰やダムがなく秋はサケが遡上し、冬には白鳥がエサを求め何百と飛来します。この豊かな生態系を子供たちに残すためにできることを呼びかけます。

問い合わせ lotus223@taupe.plala.or.jp
<< 那珂川源流 那須山山越えトレッキング | main | 浜岡原発 停止 >>
♪ 風の谷のフクシマ
0
    ♪ ラン、ランララ、ランラン、ラン、
              ラン、ランララ、ラン〜

    先月、NHKでの原子力推進責任者への質問で、

       「今回の福島第一原発の事故でも原子力の推進は間違いではなかったと?」

    責任者:「いまでも間違いではないと思っている」・・・・と発言。

    地域文化、漁業農業などの産業が崩壊、人も街も消失しても、

    「原子力開発は絶対必要」と言う事です。

    責任者に理性や倫理観を求めないならヒットラーに原子力開発を任せる

    のと同じです。

    でも、このような人に説教してみたところで何にもなりません。

    地面を這い回るうじ虫に、お前は鷹だったらどんなに良いかと言うのと同じです。

    (下品な表現ですが、ジョン・スチュアート・ミルの言葉です)

    一般的に他人の事を考えることができない人は目先の利益を好みます。

    権力を持つとさらに利益が増すことも彼らは当然承知してます。


    日々の放射線量の数値よりも、
    「今後も原子力のリスクを背負っていくのか」とか、
    「原子力に代わるエネルギー開発の具体的可能性」とか、
    「未来に必要な私たちの選択はどっち」とかの議論しましょう〜♪

     
     「自然とともに生きる、谷にはたくさんの風車が・・・」。

      この壮大なテーマをアニメだけで終わらしていいのかと思います。


        



    | ツルカメ | - | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 00:36 | - | - | - | - |









      http://turu-kametai.jugem.jp/trackback/49
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE