那珂川環境保護のすすめ

栃木茨城両県を流れ海まで通ずる『那珂川』はアユの漁獲高日本一で知られる清流です。また、本流には大きな堰やダムがなく秋はサケが遡上し、冬には白鳥がエサを求め何百と飛来します。この豊かな生態系を子供たちに残すためにできることを呼びかけます。

問い合わせ lotus223@taupe.plala.or.jp
体を張って阻止する塩谷町住民 1月22日
0
    NHKより

    塩谷町住民団体 国調査に反対

    01月22日 19時29分

    http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150122/4866771.html

    指定廃棄物の最終処分場の建設をめぐり、国が、栃木県内の候補地としている塩谷町の国有地で面積を確認する調査を行うとしているのを受けて、22日住民の団体が会見を開き、「住民の間で懸念が広がっている」として、調査に反対していく考えを示しました。・・・・・
    | ツルカメ | 塩谷町 放射性廃棄物 処分場 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    福島県知事選挙 「福島県双葉町の元町長立候補」
    0
      福島第一原発のある町福島県双葉町の元町長で、在職時事故対策に当たった井戸川克隆氏が立候補を表明しました。

      井戸川氏は住めなくなった双葉町から町民を全町的に埼玉県へ避難させ、放射能対策などをめぐり、県や双葉町議会と鋭く対立し、辞任を余儀なくされました。

      前佐藤県政で、双葉町は中間貯蔵施設の候補地に指定されました。

      井戸川氏は、これは巨大な補助金分配であり、町民の暮らしの保障や東電の責任追及が行われないまま勝手に話が進んでいることに強い憤りを語っています。

      http://d.hatena.ne.jp/ishikawa-kz/20140916/1410858900 より抜粋


      たとえ国が正しい手続き・方法で決めたことでも、経済発展の手段として、また一企業のため私たち住民の故郷や家族を犠牲にするのは間違っています。


      立候補よくやってくれました、ありがとう。
      | ツルカメ | 塩谷町 放射性廃棄物 処分場 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE